Mac mini 2020が熱すぎる!熱風が部屋を舞う。冷却対策方法!

CPUをクアッドコアのCore i3から6コアのCore i7にカスタマイズして、まさかの中国の深センから届いたMac mini 2020。

Mac mini 2020と言いつつもベースはMac mini 2018なので、熱問題もしっかり引き継がれて熱すぎるMac mini で話題だった爆熱状態が我が家でも、もちろん繰り広げられています。

FCPX(ファイナルカットプロ)で動画編集してると、なんか重いかな?マウスの動きが若干遅れるし、外付けSSDは熱くなってるしおかしいなと思ってたまたま触ったMac mini本体が、熱々の湯飲み状態になってました。

Mac mini 2020で無料で出来る冷却方法をまとめてみました。

Mac mini の熱さは何度?最高温度計測!

画像ではCPU Core2で87度でした。実際には97度ぐらいまで上昇したりもします。

そこから繰り出される熱風はもう我慢できない。高温になりすぎる前に処理したい、このMac mini 2020の熱問題!

Mac mini 2020でできる冷却方法

Mac mini 2020本体を縦置きにする

通常の横置きでは排熱するダクトが若干下にあるため爆熱のMac miniは効率よく

排熱できません。縦置きにするだけで蓋部分(アップルマーク)が激熱だったのが数秒触れるほどになります。

  マークも見やすくなったので見た目はまぁよしとしましょう!ラックがあると地震対策や揺れたときの落下防止や転倒防止になるので、アマゾンでMac mini縦置きで検索してみてください。

せっかくお安いMac mini 2020に課金はもったいないですけどね!

Mac mini 2020にファンコントロールアプリを入れる

新品購入したばかりで無駄なアプリを入れたくなかったという事もあり、最初の設定で無料ソフトのマックファンとかをインストールしませんでしたげ、結局はMacBookPro2012同様にファンコントロールアプリは必須でした。

無料ソフトでファンの回転をコントロールしてくれるMacs Fan Controlをインストールする。

MacBookPro2012を使ってた時代からこのフリーソフトのMacs Fan Controlを使用していますが、熱をもつ製品には絶対必要です。

Mac mini 2018,2020はファンの回転数が1,700回転〜4400回転まで幅があり、各CPUや様々な部品の温度で回転数を上下させることが出来ます。

また、自由に回転数も設定できるので高負荷がかかるアプリ(ファイナルカットプロなど)使用する時には事前に回転数を上げて温度上昇を防ぐことが出来ます!

https://crystalidea.com/macs-fan-control/

無料で温度管理ができて、初見でも操作は簡単なのでオススメです。

Mac mini 2020の周辺に物を置かない

通常の横置きでMac mini の後ろ10cm以内に物を置くことでMac mini本体が爆熱化します。外付けのSSDやHDDが近くにある場合は少し長めのケーブルで距離をとるといいでしょう。

発熱することでメリット、使い道(自己責任)

寒い季節の足元ヒーター

排熱が熱ければこれしか使い道ないですよね?夏場は迷惑な爆熱の排熱も冬場は足元を暖めてくれる高性能小型パソコンに早変わり。アップル製小型ホットヒーター状態ですね。

寒い季節の缶コーヒーやお茶の保温

この使い道最適すぎますが、壊れてしまえ状態の使い方になるので注意して下さい。

まとめ

高い負荷がかかるアプリを使用するときは、ファンの回転数を最高の4400rpmに事前に上げ固定しつつ熱は縦置きにして上に逃がす。

横置きの製品を縦置きにする時点でガッカリ感があるのに、改造して本体のファンを追加したり変更したり、水冷に改造するのは、アップル製品使いとしては無しですよね。

CPUの温度を少しでも下げれるようMac mini 2020本体の周りに何も置かず、縦置きでさらに見やすくなったリンゴマークを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です