【潰瘍性大腸炎】入院から1年経過、体調維持のための3つのルール。

潰瘍性大腸炎が悪化し約3週間入院し体調が良くなり、1年が経過したので実践した3つのルールをシェアします。

睡眠は7時間以上確保する

潰瘍性大腸炎で入院したことがある人ならわかると思いますが、病院の消灯時間ってとんでもなく早く「普通の生活」ペースで生きている人には、大きな時間制約が発生します。

病院にもよりますが、22時完全消灯、6時台から各々検査ののち7時朝食。

この強制的な「魔のルーティーン」が僕の体を健康へと引き上げてくれたのです。

入院中は集団生活である多人数部屋にし、迷惑をかけないように病院ルールで生活をしてました。

おかげで、病院で「習慣化してた早寝早起き健康生活」は今でも継続し、基本的には子供を寝かせた20時半以降からすぐに寝る準備に入ります。早く寝れる習慣は、便利で朝の有効活や子供のお世話の延長(洗濯とか片付け)が容易になります。

寝つきが悪なら睡眠導入剤で「確実」に寝る

潰瘍性大腸炎の患者さんで寝つきが悪く寝れない、そんな方へ担当医に睡眠導入剤をくださいと言いましょう。

寝つきが悪く寝る時間を無駄にしない為に、「1秒でも早く体を休める」ことに集中しましょう。

継続することで必ず良い結果へ向かうでしょう。

スマホは22時以降は見ない

夜中までスマホを見てる方?ナイトモードの設定や意識を変えましょう。

なぜ今体調が悪いのか?体質のせい?今までの行いが悪かったせい?

違います。理由を見つけて堕落しているからです。

夜はスマホを見ない。難しければ静かめな音楽だけを聴いて寝ましょう。

我慢という状態から解放されるマインド

タバコ吸いたい!ゲームした!スマホ見たい!

よくいる厳しい親に禁止されそうなことは自主的にやめてしまって、

起きる食べるゆっくりする食べるゆっくりするお風呂食事歯磨き、そして寝ることを最優先にすると体調に効果が出ます。

出来ない禁止事項のストレスをしなくてもいいストレスの解放へ

僕の場合は何事も諦め、病院のルールのなかで身を任せ腹をくくり3週間過ごしたのが健康状態への回復する方法でした。

ゲームをやめる決断と手にした健康生活

毎日2-3時間やっていたフォートナイト。病気でもオンラインだから会ったことない人とも遊べる、最高の場所でした。毎日毎日いろんな人と盛り上がり、ネットの世界にどっぷり。

少しでも良い環境でフォートナイトをしたかったから、ゲーミングノートやコントローラー、キーボードにマウスとゲーム環境を整えるのに100万円は使ってしまったことでしょう。

何かに使えるかもしれないのでまだ売ったりはしてませんが。

ゲームをやめた途端、今までのゲーム時間がどっぷり空白になり、その時間を使って寝る時間を増やしました。

ゲームから離れるために、「ゲーム垢」も消しオンラインフレンドとも関係を断ちました。でも、嫁さまと共有のフレンドさんも多かったので、夫くんはゲーム引退したと挨拶してくれたみたい。

【ゲーミングパソコン】フォートナイトで240FPS出せるグラフィックの軽量化設定を紹介【ガレリア】

振り返っても楽しかったゲーム生活。戻りたいとも、もちろん思いますが「健康の代償」としてはそこまで価値がないと思うので、まだやりません。

もっと長いスパンで潰瘍性大腸炎が治りほぼ完全完治ぐらいいくまでやりません。

いつの間にかゲームは「我慢からやらないのが普通」の状態まで来ました。

あの頃の僕からすれば全員驚くでしょうね。

食べ物の制限はイメージだけで実際には無制限

他にはおそば、トンカツ、豚丼、マクドナルドなどある程度は全く問題なし

潰瘍性大腸炎になると困るのは「食べもの問題」、相当ご家族の方々も頭悩ます問題ですね。

僕の場合、食べたら悪影響が出るものと症状をお伝えします。でも翌日にはある程度健康状態は戻りますので。

潰瘍性大腸炎だからあまり食べちゃダメなものを食べた結果

焼肉編 特にBBQで食べる脂身や飲み物、若干の暴飲暴食は下痢2回ぐらい

お寿司 お寿司大好きすぎて毎日食べたいが、すぐトイレへ駆け込むことに。数時間で回復

コーラ 大好きすぎて前は一日1.5L 今は350ml缶を2本21時までに!

入院中はすごく規制が多かったのでできるだけその経験を大切に今も生かしている部分は多いからかこの一年は大きなトラブルはなく過ごせました。

まとめ

美味しいものも毎日食べてるし、好きな飲み物も飲めてる。

入院しなくて良い生活だから、仕事中以外は家族と一緒に入れる。

それだけが「難病になってしまった僕の幸せ」

健康第一ですよ、潰瘍性大腸炎なんて3つのルール守れば健常者そのものなんですから。

諦めたりできることは少なくなりましたが、幸福度って実は上がっちゃってるんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です