上限は300万円?気になる未経験Webライターの年収。

2019-07-04

専業のフリーランスWebライターは参入がとても簡単で資格も不要です。パソコンを触れて文字入力できれば今日からWebライターを名乗れます。また、Webメディアを運営している企業も数多くあり未経験でも求人を出しているので安定して稼ます。そんなWebライター業界の収入のお話を紹介します。

スポンサーリンク

Webライターは大きく分けて2種類

  • フリーランスWebライター
  • 専属webライター

細かく分けると様々な働き方がありますが今回はわかりやすく2種類にします。

多くの方がノマドワーカーを夢見て、場所も時間も囚われずに働きたいと考えてフリーランスWebライターを目指すと思います。しかし、企業に属なさいと言う事はリスクも多く働く時間をセルフコントロールしマネジメント能力も上げないとん収入に繋がりません。フリーランスに憧れ会社員だった人が会社を退職し、フリーランスで仕事をしていたにも関わらずまた会社勤めをすると言うのは本当によくある話です。収入が安定するまでは、今日明日来月その先の収入を常に考える事になり会社勤めしていた時のように、仕事が終わればプライベートに時間を使う事が難しくなると言われています。

フリーランスwebライター

サラリーマン時代の年収を得るまでには時間がかかる可能性があるのにも関わらず、仕事のことを考える時間が増えこんなはずじゃなかったと思う方も多いのが現状で、年収は300万円前後と言われます。もちろん、更に高収入のフリーランスWebライターもいるのは事実ですがそれ以上に、年収が300万円に満たないWebライターが多いのも事実です。

専属webライター

専属といっても普通の会社員のように毎日出勤するタイプもあれば、在宅で記事納品をするだけと言うタイプもあります。安定した収入を得れる会社員タイプの専属ライターは、企業の運営しているサイトによって記事作成内容が決まってきます。求人、転職、美容、健康、介護、医療、車、スポーツ、アウトドアなど様々な種類のサイトがあるので得意ジャンルを運営している企業に勤めると効率よく仕事をこなせます。

東京都の相場で「未経験Webライター」で検索すると20万円以上が多いようです。企業に勤めるのにも関わらず魅力的なのは、未経験歓迎・学歴不問・挑戦する意欲があればOKなところが多いので応募はしやすいと思います。

年収も慣れてくると240万〜300万円見込めますので安定した生活を送りつつ次のステップも見えてきます。また、未経験ライター時給1000円〜の記事作成求人も数多くあるので試してみるのも良いかもしれません。企業にもよりますが、服装自由や残業ほぼなしで月曜〜金曜休みの企業が多いのも魅力の1つです。

まとめ

フリーランスWebライターで稼ぐのは難しいが、病気など外に出られないと言う理由がある方にはありがたい働き方です。将来的にフリーランスになるイメージをしつつ、ライターとして働き方や記事作成の基本を安定した収入を得るといった働き方もあります。企業属することで横の繋がりも増える為、フリーランスになった際により有利に仕事を獲得できる可能性も増えますね。