初心者Webライターが効率よく収益を上げる大切な3つの事。

2019-07-04

Webライターの最大のメリットは、在宅で仕事ができるという点です。ただ、在宅だからこそのデメリットもありより効率よく記事を書くことが大切です。最近では未経験Webライターへの教科書的な本も発売されており、更に挑戦しやすくなった仕事です。初めてのWebライターの仕事の前に効率アップのコツを3つに絞ってご紹介します。

スポンサーリンク

書ける記事のジャンル選定

初めてのWebライターのお仕事はクラウドソーシングなどで受注になると思いますが、自分自身がどのジャンルの記事を書けるかご存知ですか?不得意のジャンルの記事を書こうとしても始めは心が折れてしまいそのままフェードアウトしてしまうライターさんがとても多いです。

ライティングの効率化をするのであれば、自分の最も得意とするジャンル選定が必須です。

例えば

  • 美容・コスメ
  • 健康・サプリ
  • クレジットカード
  • スポーツアウトドア

など様々なジャンルの記事作成のお仕事がクラウドソーシング上には溢れています。1000文字程度であれば最初のうちは1時間を目標に書けるジャンルを選定する事で記事作成の効率が良くなります。

タイピング速度を知っておこう

クラウドソーシングで受注する前に、記事のジャンルや文字数、キーワードを見てお仕事が出来るよう応募しますが何文字を何分または、何時間でタイピングできるかを知っておく事が重要です。副業でWebライターをする場合は平日だと長くて3〜4時間を記事作成に使える時間になると思います。

3000文字を平日の寝るまでの時間で終わらせれるかどうかを知っておく事で、1日の仕事のボリュームなのか2日以上かかってしまうのかを判断でき、慣れてくるとタイピングの速度も上がってくるので最初は平日夜3日かかっていた内容も1日で終わらせれるようになる人もいます。自分のタイピング速度を知り意識する事で速度が上がり効率よく記事作成ができるようになります。

ライティング効率化のための準備

  • プロフィールを徹底的に書き込む事が大切で、初心者のうちは「初心者なので、、、」と聞かれてもいなのに案件を勝ち取らなくてはいけないのに不利なことをプロフィールに書いている人が多いと感じます。できないことより前向きな姿勢をアピールしてください。
  • 毎日継続して記事作成をし、タイピング速度を上げましょう。ライターをやってますという内容のブログを立ち上げて空き時間に考え方や学んだこと、これからの目標などを一気に書く練習もおすすめです。
  • マニュアル重視で、記事作成の前に可能な限りルールなどをインプットしておく。新たなクライアントさんからのお仕事をいただいた際は、記事作成しながらではなく予めマニュアルを理解できるまで読み込みましょう。特にテストライティングの時は慎重にルールを理解することで無駄な指摘を受けずに済む可能性が出て、本採用に繋がるケースもあります。ルールはとても大切です。
  • クライアントと連携を取り、自己判断せず分からないことは質問しましょう。自己判断で誤った内容の記事を書いてもお互いのいい結果にはなりませんので、どのように何が不明でどうしたいのかを詳しく伝えましょう。真面目なライターさんと印象付けれるチャンスと思って質問しましょう。

まとめ

初心者Webライターだからと言って、仕事が全く取れないわけではないので積極的に自分の良いところをアピールし、記事作成に全力を注いでください。効率よく記事作成する為の準備をしっかりし目の前のお仕事に集中することで、良い結果が生まれます。

百之助
百之助

Webライターは効率重視。当たり前のことをしっかり実践するだけ!