【スカフ】スカフ公式からコントローラーをカスタマイズして買う方法を誰でも分かるように解説!スカフインパクトおすすめカスタム編

画像で分かりやすく解説

スカフインパクトやスカフインフィニティを一番安く買えるのがスカフゲーミング公式です。

スカフの公式は海外なのでインターネットで購入して海外から取り寄せることになりますが英語が大きな壁ですよね。

この記事で分かること

・スカフゲーミング公式のサイト。

・カスタマイズで見積り金額。

・コントローラーどこの部分がカスタム出来るか。

・送料や支払い方法。

スカフインパクトのカスタム方法

スカフインパクトのカスタマイズでは、好みの外観やグリップ、スティックなど何種類も選べます。項目ごとにみていきましょう。

SHELL(外観)

簡単に見れるようにシェルの一覧を作成しました。

SHELL(外観)

左 SPECTRUM(17種類) ブラックとホワイト以外+10ドル

中央 SIGNATURE DESIGNS(15種類)+15ドル

右DESIGNER(15種類) +20ドル

せっかくのカスタムなのでデザイナーを選びたいけど2160円ほどのアップになります。インスタやSNS映えするのはデザイナーのシェルですし、外観はモチベーションにもつながるので慎重に選びましょう。

EMR

スカフインパクトを買うなら絶対必要

EMRはカスタム購入するなら絶対につけておきたい機能。

背面のボタンを任意のボタン設定にする際に必要になります。右の背面を▲にしたり左の背面を◯にするなどの設定が、手元で簡単に再設定が可能になります。

ゲーム種類や、キー配置の再設定に必要になります。

国内で購入する人がEMR機能なしのモデルを購入して失敗してます。

TRIGGER SYSTEMS(L2,R2)

L2,R2のクリックボタンのカスタマイズです。

トリガーコントロールシステムは自身で任意の深さに調節することが出来ます。

デジタルトリガータップシステムは押した感じが浅くなります(少し押せば反応する)

感覚としてはノーマルより半分以下の押し込みで反応してくれるので、スカフインパクトを購入するのであれば、最低でもトリガーコントロールシステムを採用し、予算に応じてデジタルタップトリガーを採用してください。

BUMPERS(L1,R1)

R2,L2同様押し込みが少なくて済みます。FPSなどの撃ち合い時にその差が分かります。デジタルタップバンパーを採用しましょう。

LEFT THUMBSTICK(左ステック)

左スティックの凹凸を選べます(無料)

左スティックの長さを選べます(無料)

凹凸も長さもスティックがカスタマイズできますが、FPS Freekなども問題なく付けられるのでショートを選ぶのも有りです。

右スティックも同様に選んでください。

RINGS(スティックが当たるところ)

リング部分も改良さているので、問題なくEpindonターゲットリングも使用できます。他のコントローラーでは干渉してエイムリングの加工等しないといけない場合があります。

CONTROL DISC (コントロールディスク)(十字キーカバー)

コントロールディスクのカバーは好みですね。

BUTTON KIT(ボタンキット)(18種類)

ボタンのマークが消える代わりに好みの色に変更できます。

Knights Of Scuf とFlutter が左右2色に分かれています。

GRIPS(3パターン)

グリップは2種類カスタム出来ます。後付けの製品も評判いいですが、スカフ純正がオススメです。

RUMBELS

軽量化になる

ゲームに振動が必要ない場合はRUMBELESでOutにして外しましょう。

カスタム合計金額

フルカスタムすると280ドル(約30,240円)になります。

必要ではない箇所を削って金額を下げるのも有りだと思いますが、折角のスカフインパクトはフルカスタムにしたいですよね。

さらに購入画面を勧めるとケースや予備のスティック、ケーブルが割引で買えます。ケーブルだけは買っておいてもいいと思いますし、大会などに出る人は専用ケースに入れて持ち運びたいですね。

ショッピングカート入力方法

ローマ字入力してね

色が薄いので見にくいですが、参考までに入力しているので真似してみてください。

画面右のstandardにチェックが入ってますがここが日本までの送料になっています。34,95ドルなので3,780円の送料が必要になります。

支払い方法

PayPal?クレジット?

支払い方法は2種類

paypalかクレジットカード払いです。

paypalは日本ではあまり主流では有りませんが、海外では普通に使われているので安心して購入できますし、クレジットカードでの支払いも可能なので海外でのショッピングだからといって難しいことはありません。

カスタム合計と送料

フルカスタムと送料の合計金額は315,40ドルで約34,040円になります。

PS4が一台買える金額になってくるので、カスタムしたい気持ちと本当に必要かどうか、PS5に今後対応するかも気になるところですね。

PS5対応スカフインパクト

現状スカフゲーミング公式からも発表されていないので、PS5との互換性も期待しながら、PS5詳細発表を待ちつつスカフインパクトのカスタムも楽しみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です