【Mac mini 2020】3月19日に発売のMac mini2020 を買ったのでマイナーチェンジでmac mini2018と何が変わったのか比較してみた!

まずみてください!排熱対策でこの置き方で使ってるMacBookPro2012。

この状態で動作がカクカクなのでMac mini 2020を購入することにしました。

16インチのmMacBookProが欲しかったのですが、ゲーミングパソコンのガレリアXFに気持ちもお金もつぎ込んでしたったので、Apple予算に折り合いが付かず半ば諦めてきな消去法でMacmini2020にたどり着いたのですが、調べてみるとAppleのホームページにNew!

の文字が。

新しく生まれ変わったばかりのMac miniを深掘り!して行きます。

Mac mini2020とMac mini2019 ここが変わった!大きな変更点はここ

CPUとストレージの値下げとオプション価格の改定(値下げ)

Mac mini ベースモデル比較早見表


新 Mac mini 2020(下位グレード) 旧 Mac mini 2018(下位グレード) 百之助が買ったMac mini 2020 カスタム
CPU 3.6GHzクアッドコア第8世代 Intel Core i3 プロセッサ 3.6GHzクアッドコア第8世代 Intel Core i3 プロセッサ 3.2GHz6コア第8世代 Intel Core i7プロセッサ(+30,000円)
メモリ 8GB 2,666MHz DDR4メモリ 8GB 2,666MHz DDR4メモリ 16GB 2,666MHz DDR4メモリ(+20,000円)
グラフィック Intel UHD Graphics 630 Intel UHD Graphics 630
ストレージ 256GB PCIeベースSSDストレージ 128GB PCIeベースSSDストレージ 256GB PCIeベースSSDストレージ
価格(税別) 82,800円 89,800円 132,800円

ストレージのベース容量を引き上げて

Mac mini 2018よりも

128GB→256GB

256GB→512GB

とMac mini 2020の方が断然お買い得となっています。

Mac mini 2020とMac mini 2018を比較して驚いたのが価格が安くなっていることでした。時代の流れとしては、パーツ単価が上がる時代なのに、生産コストと技術革新がそれを上回っていたんですね。

10万円以下のPCを購入しやすくすることで、普段はiPhoneやiPadしか使用しないユーザーもMacPCに来やすくなりましたね!Mac nimi2020の方がiPhone11Pro(106,800円より)も2万円以上も安いんですもんね。

CPU→変更はないがストレージが容量増えながらも値下がり

Mac mini 2020 Mac mini 2018
3.6GHz クアッド(4)コア 256GB  3.6GHz クアッド(4)コア 128GB 
82,800円(税別) 89,800円(税別)
7,000円値下がり
Mac mini 2020 Mac mini 2018
3.0GHz 6コア 256GB  3.0GHz 6コア 128GB 
112,800円(税別) 122,800円(税別)
10,000円値下がり

SSD→価格改定

256GBをベースにオプション価格をみて行きます

 SSDストレージ容量 価格
256GB
512GB +20,000円(税別)
1TB +40,000円(税別)
2TB +80,000円(税別)

メモリ→変更なし オプション増設は1割安くなった!

メモリを変更する場合は価格改定により全体的に1割程度安くなったが、相変わらず割高です。

メモリ交換を自分でするとAppleの保証から外されることがある様ですのでご自身で交換する際は気を付けてください。

アップルでオプションにてメモリ交換した場合

メモリ容量 価格
8GB 2,666MHz DDR4
16GB 2,666MHz DDR4 +20,000円(税別)
32GB 2,666MHz DDR4 +40,000円(税別)
64GB 2,666MHz DDR4 +80,000円(税別)

アマゾンでメモリ購入する際の相場(2020年3月29日時点)

メモリ容量 アマゾン目安の相場 (安値)
16GB 2,666MHz DDR4 +8,000円以下
32GB 2,666MHz DDR4 +14,000円以下
64GB 2,666MHz DDR4 +30,000円前後

アマゾンの相場と比較するとアップルでカスタマイズする方がとても高く感じます。Amazonで調べておきながらアップルで16GB(+2万)でオプション追加しましたけど、、、

なんでもそうですけど、自分でやれるって値段を下げることにつながりますね!2万円あったあらメモリを8GBから32GBに上げれてしかもお釣りが来ちゃって、そのお釣りで外付けSSDも買えちゃったりしますね。

外付けSSDをmac mini 2020用に購入した話はまだ買いてないですけど、、、

メモリ部分はMac mini 2020届いたら蓋を開けてみて確認だけはしてみようと思います!

ゲーミングパソコンも自作と比較してみたのにその経験を今回もオプション追加ボタンで先月の経験を無駄にしていく笑

Mac mini2020とMac mini2019 ここが変わらなかった!

CPUやGPU メモリなどの変更は行われず少しがっかり感がありますがMac mini 2021モデル以降に期待しましょう。

まとめ

まだMac mini 2020が届いてないので実際の使用感はわかりませんが、現状のMacBookPro2012よりは快適に動いてくれるハズなので、その辺の違いや排熱、静音性もふくめレビューできたらいいなと思います。

あと数日で届くので16インチMacBookProが届くわけでもないのにワクワクし始めてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です