サッカー長友佑都選手が火付け役、「ファットアダプト食事法」とは?

2019-06-30

アスリートの健康、パフォーマンスアップにつながる食事法「ファットアダプト食事法」が本格的に流行りだしている。2019年6月20日より、献立サイトの「MENUS(メニューズ)」がプレオープンした。(運営はDMM.com)

長友佑都選手のようなトップアスリートのみならず、健康、仕事、ダイエットにコミットしている人の、カラダの内側より細胞レベルで体質を変え、パフォーマンス向上を目指す「ファットアダプト食事法」を紹介します。

百之助
百之助

スポンサーリンク

長友佑都選手の食事法ファットアダプト(FAT ADAPT)って何?細胞レベルで体質を変える方法

日々過ごす中で色んな悩みがある。

・キレイに痩せたい

・ストレスから解放されたい

・食事制限したくない

・仕事や趣味の集中力を上げたい

スポーツでの悩み

・疲れにくい体にしたい

・パフォーマンスを上げたい

・持久力をつけたい

・競技中の集中力をつけたい

百之助
百之助

ファットアダプト食事法でこれらの悩みを解決する事を目指しています。

サッカー長友佑都選手の食事法

「長友佑都のファットアダプト食事法 カラダを劇的に変える、28日プログラム」タイトルでもわかるように28日間(4週間)を1クールとして、糖質ではなく脂質を積極的に摂ることで、「脂質適応状態」にして体内の糖質ではなく脂質を消費エネルギーに変えることを目的としている。

普通に生活していれば、糖質が優先されて消費エネルギーとなるがファットアダプト食事法を実践することで、脂質をエネルギー源とすることができるので、結果的にダイエットや食事法の改善で便秘改善の効果も得られる。

長友佑都選手もこのファットアダプト食事法を実践することで、サッカー選手として飛躍的にパフォーマンスが上がったと話している。

これまでに「体幹」「ヨガ」「マインド」関連の本を出してきた長友佑都選手の新たな挑戦とも言える「ファットアダプト食事法」。一流アスリート提案の食事法を詳しく解説します。

ファットアダプト(FAT ADAPT)って何?

脂質(体脂肪)を消費エネルギーにしやすい体に調整することを目指します。脂質をエネルギーにできように「インスリン」の分泌時間をコントロールし、糖質エネルギー体質の体から脂質エネルギーの体質に調整します。

糖質レス食事法とは違い糖質の摂取量の調整をしつつ、積極的にに脂質を摂取する方法で従来のダイエット法とは異なるため、ファットアダプト食事法は食事の正しい知識をつける必要があります。

細胞レベルで体質を変える方法

中鎖脂肪酸、オリーブオイルなどを飲み物のベースの1つにすることで「ファットアダプト食事法」を効率よく進めることができます。例えばオリーブオイルであれば、5〜6g程度摂取すると良いでしょう。

15時間をベースにファスティング(断食)することで、糖質エネルギー消費体質から脂質をエネルギーにする体に調整していきます。15時間の次は24時間の間隔でファスティング(断食)することが効果的です。空腹の時間に脂質がエネルギーとして使われます。

断食が目的ではなく脂質をエネルギーとして使うことを目的としてるんだね!

百之助
百之助

「ファットアダプト」「ファットアダプテーション」、長友佑都選手が発信してきた食事法が、トップアスリートのみならず一般アスリートの間でも実践している人が増えてきています。

まとめ

体質改善への道のりは決してラクではありませんが、食事法やルールに従うことで徐々に体質改善していきます。継続することで、疲れにくく日々のパフォーマンスアップが出来るように「ファットアダプト食事法」を実施してみてください。