Webライター副業に向いている人の特徴6つ

2019-07-04

副業OKの会社も増えてきている背景もあり、Webライターという仕事が注目されています。手軽に始められる分野の副業ですが、どのような人がWebライターに向いているのか6つに絞ってご紹介します。向き不向きを理解した上でWebライターを始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

文章を書くのが好き

ライターと名のつく仕事なので、文章を書くことが好きでないと厳しいかも知れません。Webライターは誰でも参入できるの副業なので、ライバルがとても多くクライアントからの求められるレベルも日々上がっています。

ただ、仕事の絶対数が多く単価を安く依頼しているクライアントもいるので金額の大小はありますが仕事の受注はできます。実績を積むことで単価も上がり易くなりWebライターの副業はあってるかも知れませんが、文章を書くことが苦痛な人は単価が上がる前にWebライターは稼げないと言いながらリタイヤしてしまいます。

情報収取が好き

記事を書く上で正確な情報をベースとした記事作成が大切です。適当に書いた記事にはなんの価値もありませんし、その記事を見た読者から疑問視されます。関連ワードの情報収集はパソコンやスマートフォン、資料で誰でも出来ます。

情報収集には正確さや収集スピードが必要になるので、自分の得意ジャンルの仕事を受注することで、より深い知識になり説得力のある魅力的な記事作成ができ、執筆速度もあがるので情報収集が得意で記事に情報を反映させられる人がクライアントにも読者にも好まれます。

本や新聞、文章を読むのが好き

普段から文字に慣れている人は、Webライターに向いています。本や新聞の記事を読むことでプロライターの言葉の使い方や表現方法が自然と身についています。毎日新聞を読んでいる人や、月に何冊も本を読んでいる人は読み手から書き手に変わってもスムーズに記事作成をこなしていけるでしょう。クライアントのマニュアルを必読し、書き方を統一することで未経験Webライターでも即戦力となれることでしょう。

自分の計画を確実にこなせる人

クライアントから仕事を受注した場合、必ず付いてくる条件に「納期」があります。どんなに記事作成が上手でクライアントからの要望に応えたとしても「納期」に遅れては元も子もありません。納期に対して自分のスケジュール管理ができない人はWebライター失格です。

コミュニケーションを取り自分で出来る範囲の仕事を受注してクライアントに迷惑をかけないようにし、より良い関係を築く事で新たな、いい仕事を受注させてもらえます。最低限のマナーは副業レベルでももちろん必要になるという事です。

何事にも前向きに挑戦できる人

時には、自分の意思とは違う思ってもいないジャンルの記事作成の依頼もあります。そうした時に、前向きに挑戦して記事作成してくれるWebライターが重宝されます。もし自分が仕事を発注する際にどう言ったライターがいいのかを少し考えるだけで、案件を受注するのか捨てるのかを判断すると良いでしょう。

断る際には、しっかりコミュニケーションをとる事でまた希望の記事作成依頼を受注できるかも知れないので、丁寧な対応が求められます。

副業時間を確保できる人

時間確保が出来るかどうかは、最低限の話ですね。時間がないのにも関わらず出来ますと言って受注したにも関わらず、納期にも間に合わせれないようなライターとは仕事したくないですよね。副業時間が確保でき納期に間に合わせれる人がWebライターとして最も大切な事です。

まとめ

やったことがない人でも今日から簡単に参入できるWebライター業界。副業だからと言っても適当な仕事をしていては単価も上がらず時間の無駄になってしまいます。向いていない箇所があったとしても、出来ないわけではなく熱い想いがあれば問題ありません。自分の性格や特徴を知ってWebライターを始めてみてはいかがでしょうか。