webライター初心者効率よく収益を上げるのに大切な3つのこと

2019-07-04

低単価の記事作成案件ばかりいつものように受注していると、非効率になり新しく参入してきたwebライターによりいい案件を取られてしまいます。初心者webライターが取るべき行動と考え方を紹介します。

  • テストライティングに挑戦
  • 案件単価を意識して応募
  • 分野特化ライターを目指す

スポンサーリンク

テストライティングに挑戦

未経験ライターのやってしまう1つに「また初心者だから…」ってことを言ってしまう。これは思ってもいけない事で、仕事を依頼してる人は初心者よりもある程度経験がある方が安心してお仕事を任せられます。初心者を言い訳にしたその先にメリットは1つもなく、「実績はありませんが、知識がないところは間違いない情報で書き納期に必ず間に合わせ、満足して頂ける記事を書きます」の方が立場を変えて考えるとこの人なら仕事を任せても大丈夫と思って貰うのが大切です。

始める前から初心者だからと、逃げないように心掛けつつもテストライティングに挑戦しいい案件の受注を目指す事が大切です。

案件単価を意識して応募

応募する際にこの分野書けそうだし、時間があるから安くてもいいかなと書き始めた単価0.1円の記事作成に未来はありません(大げさですが)。ざっくり計算すると未経験webライターの0.1円記事作成は時給換算すると50円です。もちろん文字入力が早くて調べる必要のない記事であればそれ以上になりますが、単純計算でも時給100円程度でしょう。

文字単価で仕事を選ぶ際は、0.8円以上の文字単価を狙ってテストライティングを受けることをおすすめします。作成速度が遅い間は時給換算400円程度ですが、慣れてくると時給800円以上狙えるようになります。つまり、働くところを問わずに最低賃金前後の時給で働けるようになります。最初は時給800円を意識して、文字単価と作業スピードから自身の時給を算出して仕事の効率を上げていくといいでしょう。

分野特化ライターを目指す

Webライターはパソコンとネット環境さえあれば、学生・主婦・フリーター・会社員の副業など参入が非常に簡単です。場所にも時間にも囚われなない人が自身のライバルでその数が多く誰でも書けるジャンルの記事であれば文字単価も低く、収入を増やすには記事を量産してい句しか方法がありません。。

分野特化ライターを目指す事で調べた事が、知識となりその先の記事作成では調べる事が減り、書くことに専念できますし誰よりも知識も深くなっていくので、他の人には書けないオリジナリティーある記事が書けるようになります。

専門的な記事を書けるようになった頃には単価交渉も可能になるでしょうし効率的に仕事ができるようになります。

まとめ

肝心な3つのことを意識することで低単価で仕事をしなくて済みますし、特化していくことで専門的な知識が増え調べる時間も減り結果的に時給換算した場合の時給アップにもつながり、更に単価交渉も出来るといったメリットが増えていきます。ただ、スタート時は未経験ライターなのでテストライティングの数をこなして経験値を最初の時点からどんどん積み重ねていきましょう。