アップルウォッチseries7のケースは安くても使いやすさ抜群な事を証明する!

アップルウォッチを購入してケースや購入バンド、中にはウブド仕様へカスタマイズする人もいるので、幅広く遊べると言っても過言ではない。

そんなアップルウォッチですが、ケースはつけない派が圧倒的に僕の周りには多く、ケースをつけないデメリットを含め、ケースつける派の代表としてプレゼンしてみたいと思います。

アップルウォッチにケースはいるの?

ケースをつけるべき人の場合を考えよう

ケースつける派のメリット

アップルウォッチに傷がつきにくい

アップルウォッチの売るときの値段が落ちにくい

多少ぶつけても大丈夫なので、いちいち気にしないで大丈夫

ケース単体なら1000円以下もある

アップルウォッチは最安のものを探すとこれでいいかな?と妥協できるモデルが結構あるので、少しでもいいなと思ったら安いのでお試しするといいかもしれません。

高級モデルはHUBLOT仕様にカスタムできるタイプなど様々ありますが10万円近くします。

Amazonで1,000円前後のケースが一番無難でいい

実際に購入したモデルはこちら

このモデルのケースのメリット

メリット

1500円ぐらいなのにケースが予備に1個ついてくる

カパっと覆い被せるように装着

届くのが早いのですぐつけたい人にはありがたい

装着しても使い勝手がそこまで変わらない

アップルウォッチケースの写真

サイズ感やインパクトは少し大きくなリますが、ケースの印象は言われてわかるレベルなので、ケースは邪魔な感じはしません。

球面だったアップルウォッチが平面化されるので不意なタッチがなくなりストレスが減りますし、タッチの感度はより操作感が良くなる印象です。

透明部分にゴミが入りやすそうな気がするのである程度使ったら、予備のもう一個と交換してもいいかもしれません。

アップルウォッチseries8が2022年に発売になると予想して

アップルウォッチseries8が発売したら、大至急シリーズ7のアップルウォッチを売却すると決めているので少しでもきれいに便利に使いたいと考えているので、「売却」を既に考えている人sは傷を減らすためにケースも購入して、下取り価格を上げる事も大事なメリットとなります。

アップルウォッチseries7発売時の時のseries6の買取価格

中古買取相場を見てると箱付きの中古備品ランクA(美品)でも高いと4万円ぐらいで販売されていたので、数万円足せばまた新品のアップルウォッチseries8の購入ができるのでお得に新モデルを使えます。そのために傷を減らして新しいアップルウォッチを購入するのが狙いです。

まとめ

低コストで新しいアップルウォッチに乗り換える準備をしつつ現行モデルも便利にしっかり使うための、アップルウォッチケースです。くれぐれもケースなしでガラス面割れたり、傷がつかないように気をつけましょう。

安いので一度お試しで購入してもいいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です