フルーツ大国、山形県のお土産を迷った時に選ぶべきものとオススメ10選!

山形のお土産の定番はやはり「さくらんぼ」では無いでしょうか?百之助世代だと桃太郎電鉄でサクランボ園で山形=さくらんぼと覚えた人は少なくないはずです。6月〜7月の初夏はさくらんぼシーズンですが、さくらんぼの季節はこないだ終わったと聞かされ何を買うか迷ってしまって山形のお土産の基本を調べてみました。

スポンサーリンク

山形は何が有名か桃太郎電鉄で復習しよう

山形のさくらんぼは山形ナンバーでも分かるように山形県を代表する特産品です。もちろん桃太郎電鉄でも、サクランボ園があり山形を代表する高額物件でした。価格は5000万円で3件ほどありましたね。そのほかに、玉こんにゃく屋、板そば屋、将棋の駒工場があったようですが、そこまでの記憶はありませんでした。

玉こんにゃく、板そば、将棋の駒、サクランボ 特産品

玉こんにゃくはお土産コーナーに必ずありますね。価格も安く、こんにゃく好きに喜ばれる逸品です。百之助は好きすぎて食べ飽きて最近は買わなくなってしまいました。板そばは村山市の「そば街道」をモデルとしていたようで、木箱に薄く盛られた状態で、味の濃い蕎麦が特徴的。数年前は毎年板そば食べてました。

百之助
百之助

玉こんにゃく食べ飽きちゃったけど、また買ってみようかな!自分用に〜

鳥中華や冷たいラーメン(冷やしラーメン)もご当地グルメで、今回は冷たい味噌ラーメンを食べてみましたが、なかなか美味しかったです。将棋の駒は天童市が代表的なのは、ここ数年の将棋ブームで全国的にも知名度が上がったと思いますが、百之助はここ7年ぐらい縁があって天童市をうろうろしてます。

山形のお土産、基本の10選

百之助
百之助

山形県のお土産、ど定番を10種類紹介します!

1,芋煮 

芋煮会が毎年、秋に行われていますが、タイミングが合わず一度も参加できてません。サトイモと牛肉、こんにゃく、ネギなどが入った醤油ベースの鍋料理。地域や家で具材や隠し味に違いがあるようです。

2,山形蕎麦 3,冷たいラーメン 

山形は蕎麦屋でもラーメンが出てくるので、ラーメンを食べるか蕎麦を食べるか家族内戦争にならず、蕎麦屋で各自好きな板そば食べてもよし、蕎麦屋で冷たいラーメン食べてもよし。麺類なら冷やしラーメンと板そばがおすすめ。

4,玉こんにゃく 

百之助も好きな(だった)玉こんにゃくは桃太郎電鉄でも物件が買えたので、意外に知ってる人も多く、買っていくと子供も食べれるので喜ばれます。

5,ふうき豆 

7年も欠かさず山形に来てたのにふうき豆を知りませんでした。山形にはふうき豆の専門店もあります。グリーンピースが原料で、柔らかく食べやすく甘みが程よいらしくお土産に最適らしいです。今年度中に食べてみます!

6,山形牛 

山形牛で有名な和牛、米沢牛、尾花沢牛、山形牛が特に喜ばれます。百之助は米沢に行った時に思いきって米沢牛を食べようとしましたが、当時のお客さんに阻止され食べれずじまいでした。美味しそうな牛肉系のお土産は、お土産屋さんに置いてるのでチェックしてみてください。

7,お米 

山形はお米も美味しく、「はえぬき」「つや姫」「雪若丸」の3種類が人気で白いご飯が好きな人に食べ比べをできるものをプレゼントすると喜ばれます。

8,地酒・ワイン 

美味しい水と美味しいお米の山形は酒造が多く、フルーツも豊かなので個性的なワインが楽しめます。日本酒では「十四代」「出羽桜」「くどき上手」が人気です。ワインはその時行った地名のを選ぶと良いでしょう。

9,山形鋳物 

南部鉄器とは違う山形鋳物は独特なフォルムと鉄の質感が人気でオシャレな印象です。海外ブームで近年注目されているので、山形鋳物を家のインテリアとしても面白いですね。

10,山形の果物 

山形はフルーツ大国です。「サクランボ」「ぶどう」「ラフランス」「りんご」などが有名で毎年、山形のお客さんから「サクランボ」と「ラフランス」が季節になると届来ますが、毎回テンション上がります!多分お土産はフルーツがいいでしょう。

まとめ

お土産は自分がもらって嬉しいものと地域の特産物が重なったものを選ぶといいでしょう。特に奥様、旦那様やお子様へのお土産は自分が好きなフルーツを買っていくと、食べ残すことが絶対にないので、最近話題の食品ロスも防げる一石三鳥ですね!