山田涼介さんも来た青い池の近くで車中泊もしやすい道の駅「白金ビルケ」に行ってみた!

「帰れマンデーみっけ隊!!」の企画、北海道の秘境で山田涼介んさんや今田美桜さんが美瑛の田舎道を歩き、奇跡の名店に出会う番組が2019年8月5日に放送された。ロケ日は2019年7月20日で真夏の北海道一歩前だったので涼しい美瑛を堪能できていたように見えました。

スポンサーリンク

山田涼介さんが行った美瑛の「白金ビルケ」ってどこ?

番組では旭川の「千代ケ岡駅」から歩き最後に「白金ビルケ」にたどり着き食事をする内容。実際に歩くとなると21kmで単純に4時間半ほどかかる。

【住所】北海道上川郡美瑛町字白金

【交通アクセス】 札幌より143km車で2時間40分

【営業時間】9:00-18:00(6月~8月)、9:00-17:00(9月~5月)年中無休(12月31日~1月3日は休み)

【駐車場】あり(無料)

 【問い合わせ】0166-94-3355

道の駅「白金ビルケ」で大人も遊びたくなる無料のアイテム。

青空の下にあるのが木琴と奥に見えるハンモック。青空の下で木琴は音楽や楽器が苦手な人でもつい触ってしまいますよね。自然の中の木琴なんて他ではなかなか出来ない経験に写真を撮っても、仲間やカップル、家族で遊ぶには最高です。

トランポリンがあると思って近寄ってみたら、飛び跳ね禁止「三人用のデルタハンモック」がありました。

座ってみると反発力があるのにゆっくり沈む、大自然のハンモックに揺られると周りの目を気にしないで眠ってしまいたくなります。固定は三本の木にされていて木陰になり、運がよく人がいなければゆっくりし放題です。

上手い下手関係なく開放的に遊べる青空卓球。卓球って室内でやるスポーツですが、おしゃれな白金ビルケでは、外で卓球が出来るんです。しかもみたこともない、真っ白な卓球台。これには驚きました。

他にもフラフープや特殊な跳び箱やスラックラインも設置されていたので、手ぶらで遊びに来てもしっかり遊べる美瑛のオススメスポットなんです。

「白金ビルケ」でSNS写真映えするのは美瑛サイダーだけじゃない

 

大自然をバックにおしゃれな、テーブルとイス。天気がいい日はハンバーガーを買って外で食べたい!って時にオススメポイント。道の駅のトイレ利用だけじゃもったいなく、裏まで見ないとここまでたどり着けません。

さらに奥にあるのが、この木琴。どう考えても写真撮っちゃいますよね?

ご当地の「美瑛サイダー」と自然。味は、キーンと冷えた普通のサイダーですが、写真撮りたくて買っちゃう人が多いのは間違いないですね。



一面の緑に黄色のアクセント。駐車場の真横も写真撮影スポット。

「白金ビルケ」で山田涼介さんも食べたバーガーはナニ?

おしゃれなハンバーガー屋さんには、テレビ放映前から人が並ぶ。

こだわり食材を使っていし、ボリューミーなのでお値段は観光料金で高めですが、美味しいのは間違いない。海外の観光客が並んで購入するほど!

番組内で、山田涼介さんや今田美桜さんは「美瑛豚のプルドポークバーガー」を食べていました。美瑛・富良野近郊では最近、バーガーが人気で、富良野にはフラノバーガーが期間限定でオープンしていていたり、フラノ観光で必ず立ち寄る「フラノマルシェ」では「プチプチバーガー」が食べれて、美瑛では「TOGO」のバーガーが人気です。観光の際は、どれか3つの中から1つは食べたいですね。

車中泊もしやすい「白金ビルケ」のオススメポイント!

大自然の中にある道の駅「白金ビルケ」は日帰り入浴ができる白金温泉や青い池からも近く、観光の拠点にするのに適しています。秋になると、「青い池」はライトアップするのでトイレがある「白金ビルケ」で一晩休むと安心安全に移動できます。

ドッグランもあるので、ワンちゃんなどと観光している方には最高に嬉しいポイントで、ペットも大自然の中で遊べて楽しいのは間違いないですね。

トイレも2箇所あり、洗濯機や乾燥機、シャワーも有料ですが利用できるのも嬉しいポイントで、キャンパーや長期旅行者に利用されます。

道の駅「白金ビルケ」まとめ

番組では旭川の「千代ケ岡駅」から歩き最後に「白金ビルケ」にたどり着く内容だったが、実際に歩くとなると21kmで単純に4時間半ほどかかる。涼介さん好きで真似したくてもこれだけの移動は車なしでは厳しい。北海道の美瑛にある人気スポット「青い池」から「白金ビルケ」までは約2kmなので、「青い池」にまで来た方はぜひ「白金ビルケ」に立ち寄り富良野や美瑛で、旬なバーガーを食べてみてはいかがでしょうか。