これは睡眠薬ではなかった!「睡眠薬」・「睡眠導入剤」は「睡眠改善薬」は違うものだった。深い眠りにつけるのは、、、

夏の蒸し暑い時に寝苦しくて眠りにつきにく、生活リズムが崩れて寝たい時に寝れない、疲れてるのに興奮状態で眠れないなど、眠りにつけない理由は、人それぞれです。

大人になると、1日7時間程度の睡眠が必要とされているようです。同じ年齢、性別でも人によって、必要睡眠時間は異なるものの、生活の基盤となる睡眠がうまくできない人が多いのも事実。薬によって、適切な睡眠時間を得るのも1つの方法ですが、睡眠状態にするための薬も様々ありますので詳しく説明します。

スポンサーリンク

ドラッグストアや薬局で「睡眠薬」は処方箋がないと買えない。

ドラックストアで処方箋がないと睡眠薬は購入できません。処方箋なしで買ったことある人の購入した睡眠薬、これは「睡眠改善薬」で、「睡眠薬」とは異なるのです。医師の診断なしで購入でききる「睡眠改善薬」は抗ヒスタミン薬の一種で風邪薬やアレルギーの治療薬、花粉症対策の薬として販売され、風邪薬飲んだら眠くなると感じるのと同じ作用を「睡眠改善薬」では利用しています。

「睡眠薬」・「睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」の違い。

「睡眠薬」・「睡眠導入剤」は医師の処方がないと購入できない。

「睡眠改善薬」は医師の処方箋がなくてもドラッグストアや薬局で購入できる。一過性の不眠の改善に使用し、睡眠薬などに比べ効果は薄く自然に近い状態で睡眠状態になるのが期待できる薬です。

  • 「睡眠薬」・「睡眠導入剤」の主な成分は、ベンゾジアザピン系など 睡眠効果は長いものから短いものまであるので医師の処方が必要。
  • 「睡眠改善薬」の主な成分は、抗ヒスタミン剤の一種、ジフェンヒドラミン塩酸塩など 睡眠導入効果は短いので処方不要。

「睡眠改善薬」の使用方法

一過性の不眠改善を目的としている睡眠改善薬は、夜に一度飲んだら朝全く起きれないということにはなりません。眠りにつくさいのサポート薬と考えていいでしょう。

・就寝の1時間〜30分前に服用 効果を感じなかったから更に量を増やしてはいけない 睡眠中に目が覚めても追加で服用してはいけない 風邪薬や酔い止めを日中服用してた(抗ヒスタミン剤配合)場合は成分が同じなので服用しない などの注意点がありますが、どれも基本的なことなので守りましょう。

「睡眠改善薬」の効果

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い

など一時的な眠りの不眠症を緩和し改善させるのが目的で、主に抗ヒスタミン剤の副作用「眠気」を利用し、眠りの質を改善させる薬です。

睡眠改善薬で一過性な不眠を改善する

最近、眠りが悪くなった、環境が変わって眠れないなど様々な眠りの悩みがありますが、医師の処方なしで気軽にドラッグストアで購入できる「睡眠改善薬」は、服用した際、約30分〜1時間程度で眠くなりやすくなるので、まずは試していただきたい。

安価なもの400円台から5日分程度のものが入手でき、効果の高い睡眠改善薬でも定価2000円台で購入可能です。また、薬局やドラッグストアよりもAmazonや楽天などのネット通販の方が安く購入でき、購入の手間が省けます。

百之助
百之助

睡眠改善薬は箱が小さいので、多くの場合がポスト投函で配達されるのも嬉しい点です。

睡眠の薬のまとめ

睡眠薬や睡眠導入剤は医師の処方がないと買えませんが、処方がなくてもドラッグストアや薬局で購入できる睡眠改善薬を試してみるのがいいかもしれません。睡眠改善薬の「ドリエル」や「リスポミン」で初期の不眠症であれば改善できる可能性があります。

次回、睡眠改善薬3種類の使用レビューです!お楽しみにー

百之助
百之助

百之助はAmazonで値段が、安いリスポミンを眠れない日に使ってますよー!